通信対戦機能によって全国のプレイヤーとリアルタイムで対戦できるブラウザベースの野球ゲーム「プロ野球MAX 2012」は、 プレイヤーが監督となってプロ野球選手カードを集めながら、 最強の球団をつくり上げるシミュレーションゲーム。

ゲームでは、カードを集めながらチームの編成ができるほか、 ミッションをこなして選手や経験値を集めていくモードなどが楽しめます。

マウスだけの簡単操作で遊べる本格野球ゲーム

プロ野球MAX 2012は、面倒なダウンロードが不要でブラウザとマウスだけの簡単操作で遊べる本格野球ゲーム。

登場選手は480名以上にも上り、 すべて実在のプロ野球選手の成績をパラメータ化したハイクォリティ・デジタル選手カードとなって登場します。

ゲームエンジン「Unity3D」が採用されているので、 3Dグラフィックでのアクション通信対戦が楽しめるのが特徴です。

「ホットゾーン」をめぐる駆け引きが楽しめる

プロ野球MAX 2012では、選手には得意ゾーン、不得意ゾーンが存在し、 これらの「ホットゾーン」をめぐる駆け引きが楽しめるのも大きな特徴です。

選手の得意ゾーン、不得意ゾーンを狙って投げるのか、 あるいは裏をかいた作戦に出るのか、 緊張感ある駆け引きが楽しめます。

公式サイト:プロ野球MAX
ジャンル:スポーツ
基本料金:無料(アイテム課金)
運営会社:ヤフー
【最終更新日】2020年5月30日
【公開日】2009年03月03日