「光」「闇」「帝国」の3つの国のいずれかに所属し、 他国との戦いを繰り広げるブラウザゲーム「ラングリッサー・トライソード」は、 指揮官をタクティカルバトルやレギオンバトルで活躍させ、大陸の制覇を目指す戦略シミュレーションゲーム。

ラングリッサーシリーズに登場したメインキャラクターも「英雄」として召喚され、 キャラクター同士の時代を超えた競演が楽しめるのも魅力です。


戦争で活躍することで入手できるRING

指揮官の育成には、クエストで入手できるゲーム内マネーを払って雇用する「一般雇用」と、 戦争で活躍することで入手できるRINGを使用する「英雄召喚」があります。

英雄召喚で雇用する指揮官は、RINGなどの特殊なアイテムが必要ですが、 ラングリッサーシリーズに登場した有名な英雄などはこの英雄召喚で入手することが可能です。

他の勢力との拠点争奪戦ができない休戦期

ラングリッサー・トライソードの世界には、 「女神の刻~休戦期~」と「龍の刻~戦争期~」といった特徴的なシステムが存在します。

他の勢力との拠点争奪戦ができない休戦期には、生産や育成、傭兵の雇用などを行って戦力を蓄え、 戦争期では、蓄えた戦力を一気に解放させたレギオンバトル(戦争)を行うのが主な流れになります。

公式サイト:ラングリッサー・トライソード
ジャンル:ブラウザゲーム
基本料金:無料(アイテム課金)
運営会社:ガマニアデジタルエンターテインメント
【最終更新日】2020年5月31日
【公開日】2009年03月03日