無料ゲーム探索隊【PC】

暇つぶしに遊べるブラウザゲームをまとめた無料ゲームサイト。面白いゲームを手当り次第に公開&紹介しています。今すぐに遊べるブラウザゲームからダウンロードして遊ぶオンラインゲームまでPCのゲームがたくさんあり。スマホで遊べるゲームも多数あります。

おすすめサイトの最新情報

無料ダウンロードFPS/TPS

World of Tanks (WoT)は、世界中で約8500万人に遊ばれている多人数同時参加型戦車ゲーム。WoTがこれ程まで世界中でヒットしている

理由のひとつが基本無料で戦車ゲームの醍醐味が楽しめること。

ゲーム内にはプレミアム車両と呼ばれる課金戦車や経験値を課金で増やせる仕組みなどもありますが、有料アイテムを購入したからといって戦闘で優位に立てるわけでもなく、最終的に勝敗を決めるのはプレイヤースキルとチームメイト同士の連携要素。

また、日本語対応も行われているのでオンラインゲーム初心者でも気兼ねなく楽しく遊ぶことができるのも魅力になっています。

マウスのホイールを使ったより精密な射撃

WoTの操作はキーボードとマウスを使用して行ないます。キーボードの「W」「A」「S」「D」キーで移動を行い、マウスで主砲などの照準を合わせ、左クリックで射撃と一般的なアクションゲームと同じです。

照準は通常のTPS視点の他に、「狙撃モード」とよばれるFPS視点があり、狙撃モードでは視野が圧倒的に狭くなりますがマウスのホイールを使った縮小拡大も可能なのでより精密な射撃が可能になります。

バラエティーに富んだゲームモードを搭載した オンラインFPS「Alliance of Valiant Arms」は、 新鮮で奥の深いゲーム性が魅力の次世代ミリタリーFPS。

殲滅、爆破、奪取、護衛、協力プレイのCo-opは、 モードによって別のゲームで遊んでいる様なプレイ感を味わうことができます。

リアルな挙動とモデリングは無料ダウンロードFPSでナンバー1

グラフィッククオリティが抜群の「Alliance of Valiant Arms」は、最先端の技術を誇る ゲームエンジンUE3を使用したダウンロードタイプのFPS。

通常の光源処理だけでなく、 オブジェクトの反射光や影の濃度、被写界深度まで取り入れ、 無料で遊べるダウンロードFPSの中では異例ともいえるクオリティを実現しています。

最大4人で協力可能なミッション攻略型オンラインゲーム「Warframe(ウォーフレーム)」は、 プレイヤーが戦闘種族「テンノ」となりTPSフィールドを様々なミッションを攻略していきます。

太陽系を支配する「グリニア帝国」や、 超巨大企業「コーパス」、オロキン文明の負の遺産である生物兵器「感染体」との戦いに身を投じるSF忍者アクションゲーム。

海外ゲームなので公式サイトは英語ですが、ゲームは完全日本語化され、ミッション攻略中は特に会話する必要もないので英語が喋れなくても大丈夫です。

SF的世界観に忍者要素が混ざったスタイリッシュアクション

惑星をひとつずつ攻略していくWarframeでは、 最初は水星からスタートし、ミッションをクリアすることで他の惑星に侵入できるようになります。

ミッションは、囚われたNPCを助けだす「救出」、 指定のオブジェクトを敵の攻撃から守る「防衛」、指定のNPCをあらゆる手段を使って倒す「抹殺」、 突発的に発生する高い報酬が得られる「アラートミッション」などがあります。

可愛い武装美少女を操作して迫力のアクションを繰り広げる「コズミックブレイク2」は、 前作「コズミックブレイク」よりも萌え要素が増した対戦型アクションシューティングゲーム。

対人戦がメインのゲームは敷居が高く感じられがちですが、本作は比較的ライトで女の子がかなり可愛いので、 萌えキャラが好きな人や女性にも遊びやすくなっています。

操作方法は、FPSでは定番のマウスクリックで攻撃、WASDで移動。 ゲームパッドにも対応しているので家庭用ゲーム機に慣れている人でもスムーズにプレイをすることができます。

最大10人vs10人によるチーム戦が可能

対戦は最大10人vs10人によるチーム戦。 対戦人数上限を最大60人から20人に減らすことで、 個人とチームそれぞれの力がバランスよく発揮できるように調整されていて、 前作以上に各プレイヤーの役割と連携が重要になっています。

チーム戦以外にも個人バトルロイヤル戦や大ボスと戦うRAID戦なども用意されているのでプレイヤーの好みにあわせた楽しみ方ができるのが魅力です。

オンラインで多くのプレイヤーと繋がり、 TVアニメ「機動戦士ガンダム」の戦場を疑似体験できるPC用オンラインゲーム「機動戦士ガンダムオンライン」は、 バンダイナムコが開発、運営を行う多人数対戦型オンラインゲーム。

最大52vs52というガンダムゲーム史上かつてない大規模対戦が楽しめるオンラインバトルゲームで、 プレイヤーは、パイロット、 あるいは自軍パイロットを統括する「指揮官」として戦闘に参加するウォーアクションゲームです。

最大51名のパイロットを統括する指揮官

指揮官モードでは、指揮官が両軍に1名ずつ、最大51名の味方パイロットに任務の指示や戦術支援を行い自軍を有利に導きます。

戦術支援には、指定範囲内を索敵する「哨戒機」、ホワイトベースやザンジバルが攻撃を行う「戦艦」、 マップ上にミデアやファットアンクルを出現させ臨時のリスポーンポイントを設置できる「補給艦」、 「エース要請」「絨毯爆撃」「戦略兵器」などがあり、的確な戦術サポートを行なうことで戦況を一変させることも可能です。

最大100人のプレイヤーが激突するアクションRPG「ファンタジーアースゼロ」は、 3人称視点シューティングゲーム(TPS)の戦闘システムを採用した戦略性の高い大規模戦争が特徴のMMORPG。

これまで主流だった、クリック中心の戦闘システムを排し、 正確に狙って自分の思い通りに攻撃するというアクション性の高いゲーム性が魅力。 ゲームパッドにも対応しているのでコンシューマゲームと同じような感覚でもプレイ可能です。

仲間との息の合った協力プレイが最も重要

大規模戦争への参戦がコンテンツの大半を占めるファンタジーアースゼロは仲間との息の合った協力プレイが最も重要。

最前線では戦えない低レベル帯はクリスタルを集めて建物を建設するなどの裏方作業で十分戦力として役に立つことができ、前線に出たい時は召喚獣にさえなれば戦うことも可能。 自分の活躍できる場を考えて、自国の戦力アップに貢献しましょう。

ヒーローズインザスカイ・パトリオットは、 JC Global運営による日本独占ライセンス契約満了にともない「ヒーローズ イン ザ スカイ クロス」のタイトルが変更されたオンラインフライトシューティングゲーム。

2012年9月よりPC向けオンラインゲームを運営するアラリオが運営権を取得し、 数々の運営移管記念イベントなどを行ない新たにスタートしたタイトルです。

大空を自由に飛びまわれる操作性

第二次世界大戦をテーマにしたヒーローズインザスカイ・パトリオットは、 簡単な操作で大空を自由に飛びまわれる操作性が魅力のフライトシューティングゲーム。

操作に必要とするキーは少しだけ。もちろんゲームパッドにも対応しているので、より高度なテクニックを発揮することも可能です。

ゲームモードは、ソロ、または仲間と協力して楽しめる「ミッション」、 最大16人までのプレイヤーと腕を競い合う「対戦」、 最大50人まで参加できる「占領戦」が用意されています。

オンラインFPSのパイオニア的存在「スペシャルフォース」の後継作「スペシャルフォース2」は、 ゲームエンジンにUnreal Engine 3.0を採用することでグラフィッククオリティやキャラクターアニメーションなどが大きく進化。

移動するオブジェクトや壁を爆破して迂回路を作れるなど、様々なコンテンツを用意し、 幅広い層にアピールするFPSを目指して開発が進められたタイトルです。

敵の裏を読むなど奥深い戦術が楽しめるFPS

スペシャルフォース2では、エレベーターを使って脱出するなど、 移動にオブジェクトを使うことでより緊張感のある戦闘が楽しめます。

また、爆発物を仕掛けて新たなルートを構築したり、 敵の裏を読むなど奥深い戦術が楽しめるのも魅力。

ステージ内には爆発するオブジェクト等も設置されているので、 爆発に巻き込まれないように常に緊張した戦いが強いられることになります。

サドンアタックは日本では余り馴染みの無かったFPSというジャンルでありながら、 サービス開始からモリモリと登録人数を増やし、今では数千人規模のプレイヤーが絶え間なく対戦するほどに成長したオンラインゲームです。

他のFPSと比べて一番優秀なのが当たり判定の正確さにあり、「ラグにより当たっていないことになる」「突然キャラクターがワープして現れる。」などの不具合の割合が でにくくなるように設計されています。そのシステムにより相討ちの無い実力勝負になりやすく熱い戦いを実現しました。

他にもコミュニティーが充実していて、ローカルルール(プレイヤーが決めた遊び方)では、ただ単に倒すだけではなくおしゃべりをしながら楽しく遊んでいるプレイヤーが多いのも特徴です。

サドンアタックのゲーム性とモード紹介

基本はチーム戦で、爆弾設置VS解除を巡る爆破モードが一番の人気です。このモードでは2つある設置ポイントに爆弾を設置するチームとそれを阻止するチームで争います。

その他にも、規定の人数を倒すまで続くデスマッチ、特定のオブジェクトを回収して持ち帰る奪取モード、ある一帯を一定時間占拠する占領モードがあります。

すべてのモードが個人スキルよりもチームワークを重視するのがコミュニケーションの向上に一役買っています。

1番の特徴はなんといっても「ゴーストマッチ」です。姿の見えないテロリストVS銃器で応戦するカウンターテロリストの対決は今までに無いスリルを実現しています。

ベースが欧米の人気FPS「カウンターストライク」に一番近いシステムを持つ無料FPSなので、 その分実力の差が出やすくなっていまが、マップや武器の強さのバランスも良いため白熱した対戦が楽しめるものになっています。

ゲーム性が特殊なので始めは戸惑うかもしれませんが、一旦慣れてしまえばこの上なくハマれるオンラインゲームです。

FPSの常識を覆すゴーストマッチの概要

「ゴーストマッチ」と呼ばれる独自性の高いゲームモードでは、「2つのチーム」に分かれた対戦が行われます。

片方のチームは特殊なスーツを纏って「ゴースト(透明)」となり、作戦目標の爆破任務の遂行を目指し、迎撃するチームはゴーストが移動時に 残す残像と足音・呼吸音などを頼りに爆破目標を防衛します。

お互いに得手不得手があるため、心理戦が発生する緊迫感の高いモードになっています。

対人戦と協力プレイがメインのオンラインゲーム「コズミックブレイク」はロボット好きにはたまらないカスタムロボが戦うダウンロード系のTPS。

お互いの腕を競い合う対戦モード「アリーナ」や、 協力して悪のロボ軍団と戦うミッションモードなど、 対戦で腕を磨きつつ協力プレイで仲間を作り、未知の惑星を冒険するTPSバトルシューティングゲームです。

途切れることなく開催する30対30の対人戦闘

コズミックブレイクのメインモードともいえるユニオン戦では大迫力のロボットバトルが展開。 プレイヤーは3つのユニオンから一つを選び仲間と共に自分のユニオンを勝利へと導きます。

最大30対30のコズミックロボ達が入り乱れるユニオン戦は、コズミックブレイクの最大の魅力です。

カウンターストライクオンラインは、多彩なミッションや、実在する特殊部隊(米海軍のSEALS、イギリス軍のSAS、ドイツ連邦警察局のGSG-9、フランス軍のGIGN)が 登場し、最大で32名が入り乱れるリアルな戦場が楽しめる本格FPSオンラインゲーム。

世界的ベストセラーとなったFPS「カウンターストライク」シリーズを 無料オンラインゲーム版としてリニューアルされたタイトルです。

豊富なゲームモードでプレイヤーを虜にする

テロリストとカウンターテロリストの対立を描いたカウンターストライクオンラインには対戦ルールが多彩に用意されています。

、 制限時間内に決められたポイントでのC4爆弾の設置解除を争う「爆弾解除」、 生存している人質全員を救出・妨害で争う「人質救出」、 VIPを守りながらレスキューポイントまで連れて行くまでの攻防で争う「VIP警護」など、単純な撃ちあい以外に明確な目的の元に対立するゲームモードを搭載。

仲間と一緒に対戦相手を打ち砕く アクション好きにはたまらないガンシューティングゲームです。

2名から16名のルームで一定数倒せば勝利となるデスマッチモードと、 仲間と協力して敵と戦い任務を果たすミッションモードを基盤として、数多くの対戦ルールが用意されています。

チーム戦では連携をとりながらジックリと遊ぶことができ、デスマッチでは自分以外はすべて敵なので戦闘はシビアで孤独ですが、 こっそり隠れて狙撃したり積極的にポイントを稼ぎまくるなど別の楽しみ方が可能です。

本格というよりライトゲーマー向けの敷居の低さが魅力!

本格FPSのようなシビアさがあまりないのでライトゲーマーでも安心です。

良く言えばシンプルで分かりやすく、悪く言えば大雑把なゲーム性が一般のプレイヤーに受け入れられた為、登録人数が桁違いに多いのが一番の魅力です。 連日行われているその場限りの対人戦や、仲間を集めてのクラン戦など懐の深いスタイルに対応しているのも嬉しいですね。

ただ、一時のようなラグアーマー(回線による無敵)が緩和されたとはいえ、本格派には物足りなさがあるかもしれません。

紙でつくられたキャラクターが大暴れするFPSゲーム「ペーパーマン」は、燃えたり、 破けたり、穴があいたりと、これまでのオンラインゲームの常識を破ったオンラインFPS。

コミカルなガンアクションゲーム。紙の持つコンセプトを生かした多彩な戦術スタイルを 楽しむことができるうえ、キャラクターを自分好みにコスプレできる新発想が女性やライトゲーマーに受けているコミュニティーなタイトルです。

ペーパーマンは対戦方法もさまざまで初心者にも遊びやすい

対戦に使用できるゲームモードは、
2チームに分かれて時間内でのKill数を競う「チームサバイバル」
チームサバイバルと同じルールで一度倒されると復活できない「チーム戦術モード」
爆弾を設置と阻止チームに分かれての攻防「爆破ミッション」
“染料”で染めた自分の体を自陣へ持ち帰った量を競う「スチールモード」
生き残りを賭けて戦う「個人サバイバル」
対戦要素がなくみんなでワイワイ交流をとりながら遊べる「チャットルーム」 などさまざまです。


Devil’s Third Online (デビルズサードオンライン) は、「DEAD OR ALIVE」シリーズや、 「NINJA GAIDEN」シリーズなど数々の名作を生み出した板垣伴信氏率いるヴァルハラゲームスタジオが開発したシューティングアクションゲーム。

先行のWii U版に収録されているストーリーモードは含まれず、オンライン対戦に特化したFree to StartのPC向けオンラインゲームとなって登場しました。

遠くの敵をライフルやマシンガンで狙撃したり、銃弾をかわし強力な一撃で敵を仕留めるなど、 銃撃と近接武器を駆使したスピーディかつド派手なアクションが楽しめるのが特徴です。 

     

LV5まで経験を積んで「クラン」で盛り上がるオンゲ

Devil’s Third Onlineでは、演習で経験をLV5まで積めば、「クラン」と呼ばれる軍隊を組織し、 自分だけの要塞をつくることができます。

要塞攻略戦は、2つのクランが攻撃/防御サイドに分かれ、 敵クランの要塞を壊滅させることで勝利となります。

また、敵クランに自分の要塞に攻めこまれた時には一定時間守りきることができれば勝利となります。 クランには所属せずフリーの傭兵としていろんな戦いに参加することも可能です。

新しいジャンルで展開するDMMゲームズの新作オンラインゲーム「HOUNDS(ハウンズ)」は、 TPSにRPGのようなキャラクター成長要素を融合させた、シューティングゲーム初心者にも馴染みやすいRPS(ロールプレイングシューティング)。

プレイヤーが操作するキャラクターを背後から見る三人称視点シューティングになっているので、 シューティング操作が不慣れな人にでも取っつきやすい仕様になっています。

対人戦・対モンスター戦両方を存分に楽しめる

FPSやTPSにおいてはメインとなるのはPvP(対人戦)ですが、 HOUNDSではPvE(対モンスター戦)と合わせて両方楽しめるのが魅力です。

まだまだシューティングを始めたばかりで対人戦を不安に思う人は、 仲間と協力しながらモンスターとの戦いに少しずつ慣れていくことができます。

トイ・ウォーズは、「フィギュアで戦う 珍しいタイプのオンラインTPS」として注目を集めているガンシューティング。

従来のミリタリー系FPSにはなかった個性的なビジュアルエフェクトや、 プラモデル感覚で着せ替えができるなど、見た目が楽しいTPSシューティングとして人気を集めています。

シューティングゲームが苦手だった女性や FPS初心者がさらに遊びやすくなったタイトルです。

個性豊かな兵士たちが活躍するガンシューティング

フィギュアは武器やコスチュームの変更により戦闘力を強化することができ、 戦闘で得られる「Toy Point」を使えば購買部で購入することが可能。

可愛らしいものから野暮ったいものまで様々で、戦闘重視だけでなく オシャレにこだわったフィギュアを作るのも楽しみのひとつです。

実在する世界各地のマップを舞台とするリアル系FPS「OPERATION7」は、多彩な銃を手にリアルな戦場を駆け回り敵プレイヤーとの対戦が楽しめるオンラインFPSゲーム。

登場する武器は実際にある銃を基に作られているだけでなく、専門家の監修の下でより本物に近い挙動を表現するという「本物らしさを追求した戦場の臨場感や緊張感」を体環できることが強みになっています。

パーツの組み合わせにより詳細なカスタマイズできるFPS

「OPERATION7」に登場する銃器は6つのパーツに分解可能で、それぞれのパーツを カスタマイズすることで銃の性能や見た目などを自由に変更することができます。

ゲーム中に自分の銃に不満がでれば、それをカスタマイズして自分好みの銃にしてから 戦場を駆け巡ることが可能です。

一人称視点で多彩な戦場を部隊に多岐に渡る武器を駆使して、スーパーマンではない生身の人間として戦場の緊迫感を味わえるシューティング(FPS)です。

戦闘兵、工兵、狙撃兵、衛生兵、重火器兵という特殊な5兵科を仲間と連携させながら勝利へ導こう。 前転移動があったり飛行機やバイクで快走したりと、本格FPSというよりハッチャけたお祭り感覚で遊べるゲームです。

人気モードは少人数になっているので低スペックのパソコンでも比較的遊びやすくなっています。

低スペックでも遊びやすく 高スペックでは臨場感を楽しめる!

軽いクライアントで低スペックでも遊びやすく、高スペックではより美しいグラフィックで快適に楽しめます。

緻密に書き込まれたマップや兵器などが迫力は緊迫感を増し、 様々な演出効果によって戦場がより美しく演出します。

また、FPSでは必需品といえるヘッドホン使用すると、 姿の見えない敵兵の足音や遠くで鳴り響く銃声などで戦況を確認できるにいたります。

人類vs悪魔たちとの死闘を繰り広げるアクションRPG「ヘルゲート」は、 ヘルゲート(地獄の門)からの襲撃を受け壊滅状態になった英国・ロンドンが舞台のMORPG。

プレイヤーは、テンプラー、ハンター、カバリストのクラスから一つを選択し 人類の存亡を賭けた熾烈な戦いに挑みます。

職業によりゲーム性の異なる独自性

キャラクターは、剣と盾を用いた近距離型の「テンプラー」、長距離からの攻撃に長け 武器と戦術を用いる銃撃型の「ハンター」、悪魔の力で悪魔に対抗できる魔法型の 「カバリスト」の3系統のクラスを大筋の特性とし、さらにそれぞれ2つずつ計6種類のクラスから選択可能。

クラスが同じであっても育成方針によって異なる操作感とスタイルをもつキャラクターに成長していきます。

正式サービス以来、中国、台湾、香港とアジア圏でサービスが展開され、 現在では会員が1100万人を誇る人気TPS「SDガンダム カプセルファイター オンライン」は、 ディフォルメされたモビルスーツを操作して敵を撃破していくTPSタイプのオンラインアクションシューティングゲーム。

サービス開始から時間が経過しているにも関わらず衰えない人気と完成度の高さが魅力となります。

思い入れのあるモビルスーツで出撃しよう!

登場するモビルスーツは300種類以上。戦闘アクションを楽しむという本来の遊び方だけでなく モビルスーツの色を変えたりステッカーを貼るなど、獲得ユニットの装飾やカスタマイズ要素も満載。

また、個体では使用しないであろうモビルスーツは、「ユニット設計」と呼ばれるユニット同士の合成によって新たなユニットを生み出すことができるお楽しみ要素も備えています。

2007年に発売された「Enemy Territory:Quake Wars」のオンラインゲーム版として 再開発された無料FPS「クエイクウォーズオンライン」は、 チーム戦が主体の協力型ガンシューティングゲーム。

与えられたミッションでの成功可否を巡り、 飛行機を使った空爆、戦車や装甲車、 近代ロボットを使った地上戦など大規模な戦闘が楽しめるオンラインFPSゲームです。


特殊な銃器やロボットが登場する近未来FPS

クエイクウォーズオンラインでは、地球を侵略する宇宙人STROGG(ストログ)と、 地球を守る国際組織GDF(Global Defense Force)の2つの陣営に分かれて戦う対人特化のFPS。

各地の拠点で激しい攻防を繰り広げることになり、多様な搭乗兵器や、 偵察カメラ、心肺蘇生器、自爆機能付き小型偵察機など、 ユニークな数々の武器を使用した迫力ある戦闘が楽しめます。

CODE NAME STINGは、北朝鮮を題材にしたオンラインFPS。 非常に優秀な「AIシステム」により、対人間と対戦しているようなCPU対戦を実現。

対戦するプレイヤーがいない時でも一人で対戦が楽しめるほか、 プレイヤー1人+CPU7人vsCPU8人、プレイヤー1人vsCPU8人など変則的な対戦も可能で 自由度の高いシチュエーションが楽しめます。


国家の意地がぶつかる熾烈な戦いを繰り広げるオンゲ

メインキャラクターは、アメリカ、ロシア、日本、中国、韓国、北朝鮮の6ヶ国から 選択。それぞれの国ごとに特性の違う武器が用意されています。

FPSでは珍しい育成要素、スキルシステムも採用されており、 ゲーム中のお助け要素として様々な場面で有利に戦闘できるようになります。 スキルをうまく活用すれば大事な戦局を強引に引き寄せることも可能です。

3勢力による武力紛争を描いたTPS「鉄鬼」は、それぞれに役割をもつ8種類の機体で構成されたチーム同士が、 白熱した戦闘を繰り広げるオンラインメカアクションゲーム。

鉄鬼は、簡単な操作性とシンプルなシステムが特徴で、シューティングゲーム未経験者にも馴染みやすく、 誰もが手軽にプレイできるようにGameHiがこだわりをもって開発した自信作です。


目的を持ってプレイできるオンラインゲーム

ゲームモードも多彩に用意され、 相手チームを殲滅する「サドンデス」
協力してステージクリアを目指す「キャンペーンモード」
AI機体と対戦する「PvEミッション」
巨大なボス機体を巡って争う「ボスバトル」
など、それぞれに異なった戦術性が楽しめるゲームモードを搭載しています。

カスタマイズしたメカに搭乗しするTPSバトル

機体は「メインウェポン」「サブウェポン」「エンジン」の3要素を細部に渡って パーツをカスタマイズすることが可能です。機体の性能差にパーツの違いが加わり、 より緻密で多彩な戦術が楽しめます。

また、 機体へのペインティングなどで外観の格好いいロボットを作り上げることも可能です。

戦場のカルマは、伝説となった韓国産FPS「KARMA ONLINE」の後継作として登場したDragonflyの自信作。 第二次世界大戦後の世界を最新グラフィックエンジンで見事に再現。

登場する武器や装備は大戦時に活躍した名器と呼ばれるものが多数登場し、 爆撃による砂けむりなどリアルな描写と、強化方法が通常ではありえないシュールさをもつゲーム性が特徴。


ナイフ戦を強化したスターリンブラッド

爆破戦やチームデスマッチなどのスタンダードなゲームモード以外に、 戦場のカルマオリジナルモード「スターリンブラッド」を搭載。

スターリンブラッドは、「ナイフ」が主役となる個人戦モードとなり、 特定の条件を満たすとさまざまな武器が使用可能になる「ブラッドタイム」が発動します。

既存のFPSにはないシステムが楽しめるブラックショットは、 コミュニケーションがとりにくいFPSというジャンルに、「パートナーシステム」を 導入することにより、初心者でも連携がとりやすいゲーム性を実現しました。

パートナーになればカメラに映し出されるため、視覚的に状況を察知しての 戦況に応じたアシストが容易なため、既存のFPSよりも濃い連携を楽しむことができます。


CPU相手に戦うCo-opモードを搭載したFPS!

プレイヤーVSコンピュータの拠点争奪戦が繰り広げられる「Co-opモード」は、 最大4人のプレイヤーでチームを組み、多数のAI兵と戦うことになります。

敵NPCを倒し続け陣地を守り抜ければクリアとなり、難易度も自由に設定できるのでFPS初心者と経験者が協力したり、 ソロプレイでの操作練習や初めて手にする新しい銃器の試し撃ちなども容易に行うことができます。

SFがテーマとなるFPS「アナザーディ」は、未来の地球や宇宙を舞台に、 奇抜なアクションやSF武器を駆使してスピーディなチーム戦を繰り広げる対戦型のオンラインゲーム。

次世代アクションFPS。Another Dayは、エリート戦闘部隊「Safe Guard」の ニックネームであり、同時に「明るい未来」も意味しています。


素早く驚異的な能力が魅力のスポーツ系FPS

登場する武器は、他のFPSゲームではありえないような空想的な武器で、 兵種と組み合わせて様々なプレイスタイルが楽しめます。

「電磁誘導式レールガン」や小型チェーンソーのような近接武器 「COMBAT BLADE」をはじめ、SFの世界にちなんだ近未来の武器が多数登場します。

金融危機を背景に、 4つの企業が激しいバトルを繰り広げるオンラインFPS「シャドウカンパニー」は、プレイヤーが企業に雇われた「傭兵」となって戦いに身を投じるゲーム。

今までのFPSに多かった対テロリストといったコンセプトを脱し、個性あふれる自由度の高い傭兵たちが活躍するゲームデザインが特徴のシューティングゲームです。


オンラインFPSには珍しいスキルシステム

シャドウカンパニーでは、オンラインFPSには珍しいスキルシステムが採用されています。

スキルは、主にプレイヤーキャラクター自身の能力を向上させる「個人戦術」、 武器の威力を上昇できる「武器運用」、航空支援兵器などが呼び出せる「戦術支援」の3タイプがあり、 各カテゴリーから1つずつ装備できるので、それぞれのスキルを上手く組み合わせることが最も重要になります。